word形式のダウンロードはこちら
PDF形式のダウンロードはこちら

●在宅医療に関するアンケート●

2013/10/31 横浜内科学会・朝日新聞横浜総局

横浜内科学会と朝日新聞横浜総局とで、在宅医療の現状と課題を把握するためのアンケートを企画しました。お忙しいところ恐縮ですが、10分間ほどご協力をよろしくお願い申し上げます。

◆貴診療所名・病院【                     】
住所 (       区                )
ご担当者名(                )
お電話番号(           )e-mail(                     )

1.貴診療所で在宅医療にかかわる医師・コメディカルの人数を教えて下さい。
①医師(  )人 ②看護師(  )人 ③薬剤師(  )人 ④事務(  )人 ⑤その他(   )人

2.貴診療所は、訪問診療を行っていますか?
はい→患者数(    )人※1月~11月1日②いいえ。予定なし ③いいえ。今後取り組みたい
※人数は、「延べ人数」ではなく、「実人数」をお書き下さい。

3.貴診療所は、往診を行っていますか?
はい→患者数(   )人※1月~11月1日 ②いいえ。予定なし ③いいえ。今後取り組みたい
※人数は、「延べ人数」ではなく、「実人数」をお書き下さい。

4.(2.で「はい」と答えた方に)国に「在宅療養支援診療所」の届け出をしていますか?
はい      ②いいえ

5.どのタイプの届け出をしていますか?
従来型 ②単独機能強化型→医師( )人が勤務 ③連携機能強化型→診療所( )箇所と連携

6.(4.で「いいえ」と答えた方に)なぜ、届け出をしないのですか?
24時間の往診が難しいから ② 受け入れ病院の確保が難しいから
③ 患者の費用負担が増えるから ④ 届け出をしなくても、支障はないから
その他(                             )

7.過去10年間に在宅で看取りをした人数を教えて下さい。
平成15年度(  )人 16年度(  )17年度(  )18年度(  )19年度(  )20年度(  )21年度(  )22年度(  )23年度(   )24年度(  )25年度※11月まで(   )

8.(7.ですべて「0人」と答えた方に)なぜ看取りを行わなかったのですか?
(                                   )

9.平成24年度に看取った患者の主疾患は何でしたか?
①がん(  )人 ②認知症(  )人 ③脳血管障害(  )人 ④循環器疾患(  )人
⑤糖尿病(  )人 ⑥パーキンソン病(  )人 ⑦その他(疾患名     、  人)

10.現在、訪問診療を行っている診療所にお伺いします。在宅医療で困っていることは何ですか。(複数回答可)
24時間対応しなければならない ②急変時の受け入れ病院の確保 ③医師の肉体的・精神的負担
診療所間のバックアップ体制 ⑤訪問看護ステーションとの連携 ⑥介護事業所との連携
⑦介護する家族がいない ⑧在宅患者の診療時間が十分に取れない
⑨その他(                                         )

11.看取りを経験した診療所にお伺いします。在宅の看取りを増やす上で何が必要でしょうか?(複数回答可)

在宅専門医の数を増やす   ② かかりつけ医が在宅医療に関わる仕組み作り
③訪問看護師を増やす     ④ 開業医向けに看取りの研修をする
一般向けに看取りの啓発をする ⑥ 看取りに関して、診療報酬を手厚くする
「在宅療養支援診療所」の要件を緩和 ⑧ その他(                     )

12.貴診療所で経験した在宅での困難事例を教えて下さい。上位3つまで選んで下さい。
第1位(   )  第2位(   )  第3位(   )
家族介護者が高齢な人 ② 独居の人 ③ 高齢夫婦のみの人 ④ 認知症患者
⑤ 人工呼吸器など医療機器をつけている人 ⑥ 医療・介護従事者への拒否がある人
⑦ その他(                                          )
※具体的な事例を教えて下さい。
(                                             )

13.胃瘻についてお聞きします。現在、在宅の患者で胃瘻をつけている人はいますか?
(  )人

14.「病院で胃瘻をつける際に十分な説明がなかった」「つけて本当に良かったか」など、家族が悩まれたり、喜んだりしているケースがあれば教えて下さい。

15.過去10年間ほどで、ご家族が胃瘻をつけない選択をするケースは増えていますか?
①増えている   ②変わらない   ③減っている   ④わからない

16.胃瘻をつけないために、または外すために、訪問歯科医や栄養士との連携など、取り組まれていることがあれば、教えてください。

17.在宅医療・介護の課題について自由に書いて下さい。

18.公表にあたり、必要な場合は医療機関名を出しても構いませんか?
①構わない    ②名前を出して欲しくない

以上、お忙しいところご協力ありがとうございました。自由記述の部分は、裏面か別紙に書いて頂いて結構です。アンケート結果は、11月10日までにe-mail (kanagawa 2025@gmail.com ) か、FAX(045-641・9696 )まで返送をお願いします。その際に、件名に【在宅医療アンケート】と書いてくださると助かります。アンケート内容はホームページに掲載する作業を行っています。

なお、結果は朝日新聞の記事として公表させて頂きますので、ご了承下さい。記事化に際し、別途取材をお願いすることもあり、その際はご協力をお願いします。お問い合わせは、横浜内科学会(201-7362 担当:前田)または朝日新聞横浜総局(☎045-681-6101 担当:佐藤陽、及川綾子)までお願い致します。